国際結婚

日本人と外国人が結婚する、ということも、近年は多くなってきました。

私が生まれた頃と比べると、数倍です。

結婚した夫婦が一緒に暮らすのは当然の権利とはいえ、その夫婦の住処を日本に置くのであれば、外国人側には、当然に「在留資格(ビザ)」の手続きが必要になります。

ここで検討される在留資格は「日本人の配偶者等」となります。

原則、外国人配偶者は外国にいたまま、日本人側の配偶者が入国管理局に手続きを行う「在留資格認定証明書交付申請」という手続きが必要になります。

呼び寄せ、招へいなどと呼ばれる手続きです。

行政書士が言う場合は「認定」という言い方をしがちです。

そして、認定証明書が交付された場合は、外国の日本大使館にそれを持って行き、そこで本当の意味でのビザを取得し、日本へ来ることになります。

この手続きに入るためには、当然ながら、結婚していることが必要です。

婚約、内縁等の理由で、この在留資格を得ることはできません。

既に、別の在留資格で日本にいる外国人と結婚した場合は、在留資格認定証明書交付申請を経ることなく、「在留資格の変更」の手続きをとることができます。

例えば、外国人留学生が日本人と結婚した場合に、留学ビザから日本人の配偶者等ビザに変更するなどです。

ただし、今、日本にいるための在留資格が「短期滞在」であった場合は、原則、在留資格認定証明書交付申請の手続きを取るべきと言われがちです。

相談窓口を通したり、きちんとお願いすれば、変更申請は受理されます。

ただし、許可されるかどうかは別問題となります。